6月 08

効率的な資格取得を目指す

 資格取得がちょっとしたブームになっているが、資格を取得するためには費用も時間も掛かるのが当たり前という認識も広がっている。 しかし本気で資格取得を考えるなら、なるべく短期間で、しかも費用もできるだけ掛けずに効率的に行うよう心がけるべきである。 何年もだらだらと勉強を続けても、途中で飽きて嫌気が差して、結局挫折するということになりかねない。しかし短期間に集中的に勉強するなら、モチベーションが下がることなく勉強できる。


 私は数年前、宅建の資格を独学で取得したが、その際にこの効率的な学習を心がけた。 まず、都心で一番大きな本屋に行き、その資格取得コーナーに特設されていた宅建コーナーで、徹底的に並んでいる本を比較検討した。 購入したのは、過去数年分の試験が収録されている過去問と、参考書、そして問題集、それぞれ1冊ずつ。参考書は節目毎に簡単な問題が掲載されているものを選び、過去問と通常の問題集は正答が掲載されているだけなく、間違った解答のどこがいけなかったかの解説まで掲載された詳しいものを購入した。


 そしてその参考書と問題集、過去問を徹底的に何回も繰り返した。参考書は読んだりアンダーラインを引いた時点で記憶したと思っても、意外と覚えていないものであるが、実際に問題を解くことによって、記憶に定着する。また過去問を解くことによって試験の傾向が解り、勉強すべきポイントが見えてくる。このローテーションで勉強していった。 それでも解らないことはまとめてメモしておき、試験直前に数回の講習を受け、その際に講師に質問して疑問を解消した。講習も比較検討して、回数が少ない替わりに費用が安い所を選んだ。 その結果、勉強後を始めて半年後の試験で、宅建に一発合格。民法の分野ではパーフェクトの回答だった。時間とお金を掛けなくても、効率的に資格取得はできるものである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 効率的な資格取得を目指す
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

6月 07

自身を輝かせ、就職にも有利になる資格取得

資格取得を考えている方は多いかと思います。就職する時にも資格取得している人とそうでない人とではやはり前者の方が有利になる場合が多いように感じます。実際私自身の経験と照らし合わせて考えてみると、教員免許と英語検定の資格を持っていたことが担当者の目にとまり、見事就職試験に合格することが出来ました。若い人達、特に学生であれば出来るだけ早い内に資格取得しておくことを私が勧めるのにはそういった経緯があったからなのです。


資格には様々なものがあります。就職活動を有利にしたいと思うのなら、自分が希望する職種に合った資格取得を考えるのがベストではないでしょうか。もちろん資格取得は何も就職を見据えてするものばかりではありません。自分が好きな世界をより深く知りたい、究めたいという思いが高じて資格取得に至ることも無論あるでしょう。そうして資格取得した結果、それが新たな仕事に結びつくことも有り得ます。私の知人はつい先日取った野菜ソムリエの資格を生かし、講師として活躍中です。


現在は専業主婦として毎日を送っている私ですが、新たな資格取得を目指すことにしました。これまで主婦として毎日料理してきた経験をさらに生かすべく、栄養士の資格を取りたいと思っているんです。学生だった頃とは違い、取った資格でその後何か仕事をしようという気持ちは今のところありません。ただ家族の健康を守る主婦にとってはうってつけの資格取得になるのではと思っています。自分自身の為であれ家族の為であれ、資格取得という目的を持つことは自らを輝かせてくれるものだと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自身を輝かせ、就職にも有利になる資格取得
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]